塗り絵のある暮らし

大人の塗り絵やコロリアージュを存分に楽しむブログです。

【夢色ファンタジー塗り絵】二羽のフラミンゴを塗る

f:id:tamarumo:20190721184539j:plain

 

 

こんにちは。

 

 

たけいみきさんの【夢色ファンタジー塗り絵】を塗ってみました。

今回は幸せそうな二羽のフラミンゴのページをチョイス。


色鉛筆で塗り絵【夢色ファンタジー塗り絵】フラミンゴを塗る

 

 

この塗り絵本は表紙を見ればわかる通り、とっても可愛らしくて繊細な絵がたくさん載っているんですよね。

f:id:tamarumo:20190721180452j:plain

 

 

それなら、とびっきりキュートな色を塗って思いきりハッピーな絵に仕上げたい!

と思いつつも、ある程度の陰影はつけて、質感も伝わるようにしたい。

でもリアルすぎる配色は可愛らしさを損なうのではないか・・・

 

というナゾの葛藤が(;'∀')

 

では目指すのは、【かわいい】と【リアル】の中間【リアルかわいい】感じで!

 

 

パステルでふんわり優しく

かわいい イコール ふんわりパールカラー。

ということで、まず使用したのがヌーベルカレーパステル24色パールセット。

f:id:tamarumo:20190721181922j:plain

 

 

 

パール感は少なめですが、ふんわりとした発色が楽しめる画材です。

 

このパステルをフラミンゴのバックのハートに使用することにしました。

二羽のピンク色が映えるようにブルー系をチョイス。

f:id:tamarumo:20190721182542j:plain

 

削ってパウダー状にしたパステルを指でクルクルこすりながら色を付けます。

パステルブラシを使うよりも指の方が発色が良く、細かいところも塗りやすいように感じました。

 

f:id:tamarumo:20190721182907j:plain

パステルで塗り終えたところです。

淡すぎだったかしら・・・(・・?

 

 

 

メインは色鉛筆で 

 使用しているのはプリズマカラーという、発色の良い色鉛筆です。

この頃は手放せなくなっちゃいました(*´ω`)

f:id:tamarumo:20190705143311j:plain

 

 

フラミンゴは全体にピンクやピンクベージュを塗り、アクセントをつけるために背中のあたりに濃いめのレッドや薄いブルーを入れてみました。

f:id:tamarumo:20190721183245j:plain

 

 

 

背景は迷いに迷ってストライプにしてみました。

こちらは色が濃すぎたかも・・・ほどほどが大事ですね。

f:id:tamarumo:20190721183918j:plain



 

仕上げはベビーオイルとホワイト

ベビーオイルを綿棒にとり、色鉛筆を塗ったところにクルクルとなじませていきます。

こうするとマイルドに仕上がりますが、紙の裏に浸みてしまうことがあるので量に注意です。

f:id:tamarumo:20190721184040j:plain

 

 

ベビーオイルの作業が済んだらホワイトを入れていきます。

主線をなぞって黒を柔らかくしたり、光沢やキラキラさせたいところに使いました。

f:id:tamarumo:20190721184315j:plain

 

 

できあがり

f:id:tamarumo:20190721184539j:plain

 

う~ん(;´・ω・)

パステルを塗った部分の色がほぼ見えていないですね。これは、パステルを塗った上を手でこすってしまったせいかもしれません。手の下にティッシュを敷くなりして対処するべきでした。失敗!

 

あとは・・・背景のストライプの主張が激しい、かな?全体的に濃いめの色遣いになってしまいました。控えめに塗ることも覚えねば(`・ω・´)

 

反省点の多い作品になってしまいましたが、自分の弱点も見えたのでこれはこれでOKということにします。

【リアルかわいい】って難しいけれど、完成したらきっと楽しくなるんじゃないかしら

(*'ω'*)

 

 

それでは今回はこれにて終了です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

【大人の塗り絵 花とフルーツ編】かんきつ類

f:id:tamarumo:20190705145210j:plain

 

 

こんにちは。

 

ついに7月に入りました。

去年はひどい暑さに参ってしまいましたが、今年はどうなるのでしょう・・・。

どうか穏やかな気候であってほしいものです。

 

 

そんな願いを込めて、さわやかな気分になれるフルーツの塗り絵をしてみました。

メインはプリズマカラーですが、涼しげなイメージにしたかったのでバックに透明水彩を使っています。


色鉛筆で塗り絵【大人の塗り絵 花とフルーツ編】かんきつ類を塗る

 

 

 

塗ったのは【大人の塗り絵 花とフルーツ編】という塗り絵本です。

タイトルの通り、お花やフルーツのボタニカルアートが11点掲載されています。

巻頭に見本がついているので、真似して塗るだけで本物に近づけそう(*´ω`)

f:id:tamarumo:20190705140235j:plain



 

 

 

選んだのはかんきつ類の描かれたページ。

さわやか~(*´▽`*)

 

f:id:tamarumo:20190705141310j:plain

 

すでに水張りをしておきました。

バックには透明水彩を使う予定だったので、あらかじめ準備しておいたのです。

ここまでは順調。

 

 

バックを塗る

使用する絵の具は【サクラ透明水彩】です。

比較的リーズナブルだったので、試しに買ったものを使ってみました。

f:id:tamarumo:20190705142156j:plain

 

 

 

 

 

f:id:tamarumo:20190705141835j:plain

水を塗った上から絵の具を乗せていきます。

ウエットインウエットという技法だそうです。本来はじわーっとにじみができるはずなのですが、うまくいかず焦ってしまいました(;´Д`)

 

ともあれ背景を一通り塗り終えたのでホッと一息。

はやくメインを塗りたかったので、ドライヤーで紙面を乾かしているとハプニングが。

 

f:id:tamarumo:20190705142543j:plain

やぶれちゃった(T_T)

焦らず、ゆっくり乾かすべきでした。

この時点で塗り絵をあきらめかけるものの、ダメもとで作業続行。

 

 

完全に乾いた状態で、メインの塗りに入ります。

f:id:tamarumo:20190705142746j:plain

 

・・・すごい色ムラですが、今回はこれで行こうかな(;'∀')

やぶれた個所もそんなに目立ってないし!

もうごり押しです(>_<)

 

フルーツを塗る

プリズマカラーを使ってフルーツを塗ります。

f:id:tamarumo:20190705143311j:plain

 

 

 

感覚的に塗りやすそうなレモンから塗り始めました。

楕円のフォルムはちょっぴり曲者ですが、丁寧に塗ります。

f:id:tamarumo:20190705143035j:plain

これを塗っていると無性にレモンケーキが食べたくなりました(*´ω`)

冷蔵庫で冷やすとさらに美味しいんですよね。

 

 

 

さて、フルーツの実の部分はすべて塗り終えました。

残すは葉っぱと枝だけです。

f:id:tamarumo:20190705143947j:plain

 

 

 

葉っぱを塗る

f:id:tamarumo:20190705144100j:plain

葉っぱは基本的に 暗い部分にブルー系を塗る → グリーンを重ねて明るいところも塗る、という感じにしてみました。

ただ、かんきつ類の葉はつやつやしているものが多いようなので、ハイライトを強めに入れるように塗るのがいいかもしれません。ハイライト部分は白く塗り残します。

 

 

 

 

ベビーオイル

仕上げにベビーオイルを塗って全体を滑らかにします。

f:id:tamarumo:20190705144806j:plain

 

 

 

綿棒に少量ずつ取ってクルクルとなじませるように。

f:id:tamarumo:20190705144940j:plain

 

 

ホワイトペン

f:id:tamarumo:20190705145027j:plain

目立っている主線をホワイトで和らげていきます。そっとなぞればOK。

 

 

 

 

できあがり

f:id:tamarumo:20190705145210j:plain

よかった(*´▽`*)無事完成です。

紙が破れた時はどうなるかと・・・

でもなんとかなりました。

 

フルーツはこってりと塗り上げたので、バックの水彩のにじみが悪目立ちすることもなさそうです。これはこれで良い出来になったような・・・。

 

 

 

 

すっきり終わったところで、今回は終了となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次回もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【心を満たすフラワーリースなぞり描き】夏の花のリースにトライ

 

f:id:tamarumo:20190630123343j:plain

 

こんにちは。

 

 

どうやらこの頃、なぞり絵やなぞり描きの本が流行っているようです。

本屋さんでは塗り絵本コーナーのとなりに、なぞり描きの本が並んでいるのを見かけるようになりました。

 

 

なぞり描きはリラックス効果やデッサンの上達などの効果があるようで、ジャンルや種類もさまざま。

 

 

この流行にのり、わたしも一冊だけ買ってみました。

【心を満たすフラワーリースなぞり描き】という本です。

f:id:tamarumo:20190630114508j:plain

 

 

 

描かれているのはすべてお花のリース。

24個のリースとミニカードが掲載されています。

季節の順で載っているので、四季に合わせて選ぶことも(*'ω'*)

 

さっそくトライ

 

なぞり描きに初トライした動画を作りました。

たどたどしいので兆倍速です( `ー´)ノ


色々なペンで【心を満たすフラワーリースなぞり描き】ひまわりとあさがお

 

f:id:tamarumo:20190630115440j:plain

 

選んだのは、夏らしい取り合わせのひまわりと朝顔のページ。

まずは主線をなぞります。

 

スクールGというペンを使ってみました。

このたび初めの使用です。

f:id:tamarumo:20190630120346j:plain

f:id:tamarumo:20190630120450j:plain

 

 

ペン先が万年筆みたいでかっこいいでしょう(*´▽`*)

このフォルムが気に入って買ったものの、なかなか使う機会がなかったのでずっとペンケースにしまいっぱなしでしたが、満を持しての登場です。

 

インクは乾くと耐水性で、もともとイラスト用に開発された商品のようなのでなぞり描きにぴったりかな、と。

 

f:id:tamarumo:20190630121259j:plain

 

こんな感じで線をなぞっていきました。

ペンの扱いは慣れていないこともありますが、丁寧になぞるというのはなかなか難しいものです。すぐ曲がっちゃう・・・

そしてこのペン先は力の調整で線の強弱が出せるので、ゆっくり慎重になぞりました。でもちょっとガタガタ(;^ω^) もうちょっと練習しておきます。

Gペンみたいなさしペンを使い慣れている人にはバッチリだと思います。

 

 

色を塗る

f:id:tamarumo:20190630122653j:plain

主線をなぞり終えたのでカラーリングをしてみました。

ダイソーのマーカーとコピックの出番です。

 

 

重ね塗りしてぼかしてみたり。

f:id:tamarumo:20190630123157j:plain

 

 

 

調子に乗ってにじみ出してしまったり(T_T)

f:id:tamarumo:20190630123250j:plain

 

 

 

それでもできあがり!

f:id:tamarumo:20190630123343j:plain

 

線がぶれたり色がはみ出したりしてますが、それもまた手描き感があっていいような気がします。描き終えたときの達成感も気持ちがいいです。

 

今回はマーカーで塗ったものをご紹介しましたが、もう一つ別のページはなぞり線なしの上から色鉛筆で塗ってみました。

 

f:id:tamarumo:20190630123737j:plain

 

こちらはマーカーで塗ったものに比べてふんわりと温かみのある仕上がりに。

色鉛筆もいい味。

 

 

次はHBやBくらいの普通の鉛筆を使って、単色で描いてみようかな。

ちょっぴり難しいかしら。

 

 

 

 

 

【Japanese Beauty】クールな女性を塗る

 

 

こんにちは。

 

 

さっそくですが、メイキング動画を公開いたしました。

ご覧いただけたらうれしいです(*´ω`)


色鉛筆で塗り絵【Japanese Beauty】を塗る

 

 

 

 

ところで今回トライした【Japanese Beauty】という塗り絵、ご存知でしょうか。

 

f:id:tamarumo:20190622175010j:plain

 

 

 あまり見かけない塗り絵ですよね。

書店でも取り扱っていないようです。

 

わたしの場合、Amazonで大人の塗り絵を検索していてたまたま見つけました。

ちょっぴり珍しい塗り絵だったので、そのまま衝動買い( `ー´)ノ

ここで会ったのも何かの縁です。

 

 

届いた塗り絵をパラパラとめくってみると、グレースケールのコミックイラストが21枚ほど掲載されていました。

 【ジャパニーズ】というより【中華ファンタジー】っぽいかな?

f:id:tamarumo:20190622180711j:plain

 

カラーイラストをそのまま白黒コピーしたような塗り絵です。

このタイプの塗り絵は、主に海外のものに多いようです。

【ジャパニーズビューティー】というタイトルですが、外国の塗り絵みたいですね。

 

 

グレースケールがちょっとイヤだな、という方にはお勧めできませんが、わたしの場合はグレーの濃淡が目安になって塗りやすいので、この手の塗り絵はむしろ好きです。

影を塗ったりするのに迷わなくていいですよ(*'ω'*)

 

 

さっそくプリズマカラーで塗ってみました。

f:id:tamarumo:20190414111206j:plain

 

 

プリズマカラーなら重ね塗りもできますから、グレースケールが悪目立ちすることもないかな。

 

 

お化粧したら老けちゃった

ジアンビューティーといったらキリリとしたメイクよね( `ー´)ノ

ということで目元とリップにオレンジ系を入れてみたのですが・・・

f:id:tamarumo:20190622182236j:plain

 

 ちょっと老けちゃったかしら(;´・ω・)

やっぱりナチュラルメイクの方がよかったかしら。

目元はそのままにして、リップはやさしいピンク系にしてふんわりさせてあげればよかったかな(´;ω;`)

ま、これはこれで凛々しい女性として完成を目指します。

 

 

服は孔雀のイメージ

 羽飾りの中にクジャクの羽が混ざっているようだったので、そちらに寄せるような感じにしてみました。

f:id:tamarumo:20190623091656j:plain

 青味の強いグリーンでピーコックカラーに。

明るすぎず暗すぎず、といったところでしょうか。

 

 

羽飾りを塗る

f:id:tamarumo:20190623092046j:plain

 クジャクの羽飾りは黄味とブラウン系が入ったグリーン(?)を使ってみました。言葉足らずですみません・・・。

服と違うタイプのグリーンを使ったことで、差別化をしつつも全体的に統一感が出たように思います。

 

 

 

クジャクの羽以外の飾りはオレンジやピンクなどを加えてゴージャスに。

f:id:tamarumo:20190623092417j:plain

 ところどころに薄いブルーを足してシックにしています。

 

 

 

背景

背景はグリーンで統一しました。

f:id:tamarumo:20190623092546j:plain

 

とくに何を描く、というわけではないのですが、緑の中に光があるイメージで塗りました。

白く塗り残すところがチョイムズでした。

 

 

 

仕上げにホワイト

f:id:tamarumo:20190623092808j:plain

 

 

マッキーペイントマーカーの白で、リップや瞳に光を描きます。

 

 

 

できあがり

f:id:tamarumo:20190623093112j:plain

 

無事、完成です(*´▽`*)

本当は仕上げにベビーオイルを塗るつもりだったのですが、思いのほかしっかり塗ることができたのでベビーオイルはナシ!

紙と色鉛筆の相性が良かったのかな?塗ることに必死過ぎて紙の質など考えていませんでした(;^ω^) 夢中になるって楽しいから、つい。

 

 

それでは無事完成したところで今回は終了です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

また次回もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【和の世界 花鳥風月ぬり絵帖】金魚を塗る

f:id:tamarumo:20190613103944j:plain

 

こんにちは。

 

寒暖差がはげしい今日このごろ。

身体がついていけずに、ちょっぴり疲れやすいように感じます。

 

・・・年齢のせいかしら(;^ω^)

 

年齢はともかく、健康でいることがなにより重要です。

体調管理に十分注意したいですね。

 

 

金魚のページを塗る

今回は【和の世界 花鳥風月ぬり絵帖】という塗り絵に挑戦してみました。

涼しげな金魚のページをチョイス。なんと見開きページ!

f:id:tamarumo:20190613104739j:plain

 

 

いつものようにメイキングの様子を動画にする予定だったのですが、うっかり録画ボタンを押し忘れて塗り始めてしまったので、今回の動画はナシです。

まったく、そそっかしいんだから(;´Д`)

 

 

f:id:tamarumo:20190414111206j:plain

それでは、プリズマカラーを使用して塗っていく内容をご紹介します。

 

 

 

 

まず背景から

背景はブルーとグリーン系と決めていたので、先に塗り始めました。

パステルと色鉛筆を使っているのですが、パステルのノリがちょっぴり微妙・・・。

f:id:tamarumo:20190613105608j:plain

 

まるでカビのような色に(;´・ω・)

どうしよう・・・ということで、プリズマカラーで少しずつ調整していきます。

 

で、こうなりました。

f:id:tamarumo:20190613110046j:plain

 

もはやどこに何色を使ったのか覚えていませんが、深みを出すためにところどころ暗いグレーを足しています。

真ん中の川は、感覚で塗った割にはなんとかなりました。もっとぼかす感じでもよかったかな?

 

金魚を塗る

金魚はイエロー系、オレンジ系を中心に、レッド系もちょこっと使用しました。

f:id:tamarumo:20190613110417j:plain

 

背景が寒色系なので、赤い金魚は映えますね。

背景に埋もれてしまうのではないかと心配していたのですが、ひとまず大丈夫そうです。

 

 

小さい金魚たちは、オレンジ系と暗めのレッド系を使って塗ってみました。

少しムラにしてみたりして・・・

f:id:tamarumo:20190613110752j:plain

 

 

 

 

仕上げ

仕上げはいつも通り、ベビーオイルを全体に。

f:id:tamarumo:20190613111329j:plain

裏面に浸みないように量を調整しながら・・・

 

そしてホワイトを入れます。

f:id:tamarumo:20190613111449j:plain

使用したのはマッキーのペイントマーカーです。

 

 

 

できあがり

f:id:tamarumo:20190613111522j:plain

 

うわ!ハデー(*'▽')

想像以上に鮮やかに仕上がりました。まるで熱帯魚の水槽みたい。

金魚なのに(;^ω^)

でもたまにはこのぐらいポップにしてもいいですよね。

 

 

 

ところで今回は撮影もしなかったのでリラックスして塗れました。

いつもガチガチに緊張しながら塗っていたので、楽しんで塗れるいい機会でした。

 

というか、塗り絵ってリフレッシュやリラックス効果があるのに、わざわざ緊張して塗るなんて、なんだかヘンテコですね(*´▽`*)

 

楽しみながら塗るのがイチバンです!

 

 

 

 

 

 

 

 

【絵画のように仕上がる美しいぬり絵】赤いバラ

f:id:tamarumo:20190601183324j:plain

 

こんにちは。

 

 

6月に入りました。

わたしの住んでいる地域はまだ梅雨入りしていませんが、週間予報を見ると来週あたりは雨のマークが連続しています。ひえー(;´Д`)

 

 

けれども梅雨の時期のお花ってきれいなものが多いので、嫌いじゃありません。(^_-)-☆

我が家のお庭でもアジサイクレマチスが絶賛見ごろです。きれいですよ(*´▽`*)

 

そして、まだ咲いていませんがバラもあります。

今回の塗り絵は6月のお花を代表してバラを塗ることにしました。

 

f:id:tamarumo:20190601184149j:plain

 

 

【絵画のように仕上がる美しいぬり絵】より 赤いバラを塗ります。

本来はこの塗り絵、水彩色鉛筆用に作られた本なのですが、ハードパステルと油性色鉛筆のプリズマカラーで塗ってみました。

メイキング動画をアップしています。


色鉛筆で塗り絵【絵画のように仕上がる美しいぬり絵】赤いバラを塗る

 

 

バックはパステルだけ

f:id:tamarumo:20190601185653j:plain

 

広い面にはもってこいのパステル。

今回は【ヌーベルカレーパステル 24色セットB】を使ってみました。

 

 

いつも使うのはセットAの方ですが、たまにはBも・・・と引き出しの奥から引っ張り出しました。

Bは鮮やかな色が多いのが特徴ですが、主役のバラを引き立てるためにシックな色を選びました。

んー・・・もっとグレーがメインでもよかったかも。と後悔中"(-""-)"

 

 

バラはプリズマカラーで

f:id:tamarumo:20190601190525j:plain

 

手順に沿ってプリズマカラーを塗っていきます。

 

 

葉っぱにブルー系を塗り、続いてグリーン系を重ねました。

f:id:tamarumo:20190601191847j:plain

 

 

 

花びらは青味のピンクやオレンジ、レッド系を重ねています。

暗い部分にはブルーやブラウンなども。

f:id:tamarumo:20190601191917j:plain

 

 

 

そして花器は面積が広めだったのでクロスハッチングをしました。

f:id:tamarumo:20190601192000j:plain

 

 

 

ベビーオイル

f:id:tamarumo:20190601192113j:plain

  

毎度おなじみベビーオイルです。

色鉛筆に重ねると、とたんに色に深みが出ました。

こんなに濃い色になるなんてびっくり(゚Д゚;) でも乾いたら濃さも和らいだので問題なし!

 

 

ホワイト

f:id:tamarumo:20190601192306j:plain

 

ホワイトは主線を消すために使うのですが、今回は濃い色がメインなので主線が悪目立ちしていません。特に消す必要のないところはそのままにして、薄い色の部分にのみ使用しました。

 

 

できあがり

f:id:tamarumo:20190601192604j:plain

 

おー、できたー(*´▽`*)

影を強めに入れたおかげか、立体感が出たように思います。いつもより上手に見えるような気がします。

それもこれも本書の解説のおかげです。わたしでは恐ろしくてここまで暗い色を入れられませんもの(;^_^A

解説が分かりやすいので美術の専門家に教わっている気分で描けました。

まあ、自己流のアレンジも加えてしまったのですが・・・(;'∀')

 

しかしながら解説のおかげで色選びも困りませんでしたし、テクニックをまねするだけで仕上げられたのは大きいです。

いままで見てきた塗り絵の中でも群を抜いて親切に作られていると思います。

色選びや塗る手順にいつも困ってしまうわたしには貴重な一冊です。

 

内容は水彩色鉛筆用のものですが、油性色鉛筆でもまねできる技法があるように感じました。せっかくの素晴らしい本なのでぜひ続編を希望します。

 

 

それでは今作はこれにて終了です。

また次回もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【大人の塗り絵 アレンジの花編】ガーベラを塗るpart2

 

f:id:tamarumo:20190523164015j:plain

 

こんにちは。

 

 

温かいので塗り絵が進む進む(*´▽`*)

おかげで1枚の仕上がりが速くて楽しいです。本当にいい季節です。

 

 

前回の続きの動画も完成しました。


色鉛筆で塗り絵【大人の塗り絵 アレンジの花編】ガーベラを塗る 後編

 

 

前回のブログ

 

tamarumonurie.hatenablog.com

 

 

前回の続きから

前回はメインのじょうろと花、イチゴを塗り終えたところまででした。

f:id:tamarumo:20190522140238j:plain

 

 

今回は背景を描き込んで一気に仕上げまでもっていきます。

あまり難しく考えずに、パパッと!

 

 

使用する画材は前回同様プリズマカラーです。

f:id:tamarumo:20190414111206j:plain

 

 

 

背景その1 つくえ

f:id:tamarumo:20190523161420j:plain

 

じょうろの足元にテーブルを描き足しました。

シャープペンシルでだいたいの線を描き、色鉛筆で影や木目を描きました。

しかし・・・テーブルはもうちょっと丁寧に仕上げるべきでした(;´・ω・)

できれば線はパースをとり、木目はしっかり資料を見ておけばよかったかも・・・。

 

 

背景その2 小さい花

f:id:tamarumo:20190523162220j:plain

 

水色のお花がテーブルをぐるりと囲んでいるように描きたかったのですが、なんだかヘナチョコでした(;^ω^)

母から「じょうろからお水が噴き出してるように見える」と言われてしまいました。

ぐっ・・・(;´・ω・)そのとおりかも・・・

しかしここから修正する術はありませんから、このまま作業続行です!

やけくそです(>_<)

 

 

背景その3 木

f:id:tamarumo:20190523162913j:plain

 

画面左上に木を描きました。

奥にある感じを出したかったので、はっきり描くのではなく、ぼかす感じで軽めにぬりました。

加減がわからないのでおそるおそる(;´Д`)

 

 

仕上げ ベビーオイルとホワイト

f:id:tamarumo:20190523163316j:plain

 

 

メインと背景の両方にベビーオイルを使用し、なめらかにしていきます。

とくに背景はぼやける感じにしたかったので、念入りになじませてみました。

 

 

そしてホワイトはまずマッキーから。

f:id:tamarumo:20190523163621j:plain

 

 

イチゴの光沢に使いました。

少々インクが出すぎたため、ササッとティッシュで拭って調整しています。

 

最後はユニボールSignoホワイトで主線を消して完成です。

f:id:tamarumo:20190523163828j:plain

 

 

できあがり

f:id:tamarumo:20190523164015j:plain

 

・・・まるで魚眼レンズ(´・ω・`)

 

メインのお花を塗るところまでは良かったんですけどね・・・背景はやはり難しい。

今作は反省点が多いものになってしまいましたが、自身の実力を思い知るいい機会になったと思います。

というか、やけくそで作業するのが悪いのですが(;^_^A

たとえ失敗しかけていても丁寧に仕上げられるよう気を付けたいですね。

 

でも途中で投げ出さなくてよかった。

ふぅー(*´ω`)

 

 

 

それでは今回はこれにて終了になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。