塗り絵のある暮らし

色鉛筆を中心に、大人の塗り絵を存分にたのしみます

【大人の塗り絵 南仏の街角の風景編】陽だまりで一休み メイキングpart1 水彩画風

f:id:tamarumo:20180220111317j:plain

 

 

こんにちは。

 

 

また新しい塗り絵を買っちゃいました( *´艸`)

【大人の塗り絵 南仏の街角の風景編】という本です。

 

 

このシリーズは必ず見本がついているので、真似して塗るだけで上手に仕上がるのでとても重宝しています。

そして、【南仏の街角の風景編】ではお手本がすべて水彩画です。

f:id:tamarumo:20180220112553j:plain

 

前もちょっとやってみましたが、今回も水彩画タッチを真似して色鉛筆で塗ってみようと思います。

前回ははがきサイズでしたが、今回はA4サイズに挑戦です。

 

 

使用する色鉛筆は三菱色鉛筆№888 36色セット。

f:id:tamarumo:20180208163853j:plain

 

 

塗るページは【陽だまりで一休み】というタイトルの一枚。

広い空とかわいい車のページです。

f:id:tamarumo:20180220113239j:plain

 

 

空をメイキング

広い面積の空から塗っていきます。

サッサッとあまり力を入れず、こまかく色鉛筆を動かして塗っていきます。

ブルーグリーンを使用しています。

f:id:tamarumo:20180220113344j:plain

 

 

さらに色を濃くしたいので、何度か重ね塗りします。

このときもサッサッと。

そして色の追加でセルリアンブルーを入れます。

f:id:tamarumo:20180220114224j:plain

 

多少の失敗は練り消しゴムでポンポンと叩いて消すことができるので、思い切って塗ってみるのがいいでしょう。

今回はちょっとアラが目立ってしまいましたが・・・(;^ω^)

f:id:tamarumo:20180220114444j:plain

 

 

 

背景 山、木を塗る

こちらも優しく塗ります。

エメラルドグリーンに、影はシルバーとスカイブルーを重ねていきます。

f:id:tamarumo:20180220114552j:plain

 

 

 

続いて手前の庭木を塗ります。

フォレストグリーンとウイローグリーンをうっすら塗った後、もう一度重ね塗りします。最後になじませるためにライトフレッシュをぐりぐり塗ります。

f:id:tamarumo:20180220115159j:plain

 

 

 

それでもなじまなかったので(;^ω^)、カラーレスブレンダーでなじませます。こちらはプリズマカラーのブレンダーです。

その後、ちょんちょんっと練り消しゴムで余分な色を落とします。

f:id:tamarumo:20180220115549j:plain

 

 

 

今回はここまで

f:id:tamarumo:20180220115745j:plain

空の色はもうちょっと滑らかに仕上げたかったのですが…荒っぽい感じになってしまいました。もう少し重ね塗りをしておけば防げたかもしれません。相変わらず今後の課題です。

水彩画風のタッチを色鉛筆で出すには、透明感がネックですからね(;^_^Aもう少し研究が必要、といったところでしょうか。

 

 

 

また次回に続きます。

今回もご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

↓使用した塗り絵↓

大人の塗り絵(南仏の街角の風景編) [ 青木美和 ]

価格:1,026円
(2018/2/20 12:04時点)
感想(2件)

 

 

↓使用した色鉛筆↓

三菱鉛筆 No.888 36色色鉛筆 大人の塗り絵 コロリアージュ

価格:2,916円
(2018/2/20 12:06時点)
感想(0件)

 

 

↓使用したカラーレスブレンダーペンシル↓

SANFORD プリズマカラー色鉛筆用 カラーレス ブレンダーペンシル 2本セット(並行輸入品)

価格:780円
(2018/2/20 12:07時点)
感想(1件)

 

 

 

【大人の塗り絵イギリスの花の小径編】雪上のアオガラたち【三菱色鉛筆】

f:id:tamarumo:20180210113228j:plain

 

こんにちは。

 

水彩画らしさを色鉛筆で表現できたらいいな、ということでチャレンジしています。

【大人の塗り絵POSTCARD BOOK イギリスの花の小径編】。

前回からの引き続きの内容になっていますので、よろしくお願いします。

 

前回はここまででした

一番左の小鳥を塗り終えました。

お腹のところがちょっとだけ水彩画らしい・・・かな(;^_^A

f:id:tamarumo:20180208164116j:plain

 

ほかの鳥を塗る

詳しいメイキングは前回と同じ内容になります。

うっすらサッサッと塗る→重ね塗りもサッサッと塗る→最後になじませ色でキメを整える

という流れです。今回は色が違いますが、同じ作業です。

f:id:tamarumo:20180210111310j:plain

 

お腹の黄緑色は、ライトイエローの上にブルーセレストを重ねています。

透明感が出ますね。

f:id:tamarumo:20180210111655j:plain

 

すべての鳥を塗り終えました。

f:id:tamarumo:20180210112021j:plain

 

 

影、足元を塗る

小鳥たちの影はシルバー、スカイブルー。濃い部分にはダークバイオレットを重ねます。

f:id:tamarumo:20180210112209j:plain

 

 

右の鳥の足元の瓶を塗ります。

ストーングレー、セピアを塗り、最後にもう一度ストーングレーを塗ります。

f:id:tamarumo:20180210112659j:plain

 

 

続いて瓶の中。

ブラックを薄塗りし、シルバーを重ねたらもう一度ブラックを薄塗りします。

f:id:tamarumo:20180210113033j:plain

 

 

さらにストーングレー、スカイブルー、シルバーでフィニッシュ。

f:id:tamarumo:20180210113142j:plain

 

完成

f:id:tamarumo:20180210113228j:plain

 

タッチを水彩画に近づけるために薄塗りを意識しました。透明感は水彩画に及ばないものの、そこそこ水彩画を真似ることができたのではないでしょうか。

 

今回は見本が水彩画でしたので真似て描きましたが、見本なしの塗り絵で水彩画タッチを表現する場合はもうちょっと練習と研究が必要かもしれませんね。

 

「まるで水彩画!」

 

って言われたらうれしいですね(*'ω'*)

もう少し頑張ってみますね。

 

 

ちょっと脱線・・・

 

今回のアオガラ達ですが、どんな鳥かな~と調べてみたのですが、塗り絵のように薄いブルーの頭が特徴なのですが、茶色いアオガラはいないようです。

 

あら?もしかして塗り絵の茶色い小鳥はスズメさんでしたか??

てっきりメスか、幼いアオガラなのかと(;^_^A

 

 でも仲の良さそうな様子が描けてよかったです(^^♪

 

 

 

↓使用した塗り絵↓

大人の塗り絵POSTCARD BOOK(イギリスの花の小径編) [ イーディス・ホールデン ]

価格:918円
(2018/2/10 11:47時点)
感想(0件)

 

 

 

↓使用した色鉛筆↓

三菱鉛筆 No.888 36色色鉛筆 大人の塗り絵 コロリアージュ

価格:2,916円
(2018/2/10 11:48時点)
感想(0件)

 

色鉛筆で水彩画のようなタッチを表現したい【イギリスの花の小径編】part1

こんにちは。

 

 

普段は色鉛筆で塗り絵をすることが多いわたしですが、水彩画にあこがれることも多くあります。

テレビ番組のプレバトを見ていると余計にそう思います。

 

とても美しいですよね。写真で見る風景よりも光にあふれていて、ぬくもりも感じます。

 

そして水彩画の魅力はなんといっても透明感。

f:id:tamarumo:20180208161422j:plain

 

こんな感じのにじみやぼかし方、なんとも涼しげではありませんか。

あこがれます(*'ω'*)

 

 

この水彩画の世界を表現したくて水彩色鉛筆を使うこともあるのですが、やはり絵の具を使った水彩画とは少し違ってしまうんですよね。

色鉛筆の跡が残ってしまったり、混色が難しかったり・・・

 

 

 

普通の色鉛筆で水彩画っぽく描ける??

色鉛筆で水彩画のような透明感を表現したいのですが、ネットで検索するものの、イマイチ答えが見つからないのが現状です。

もはや自分でやってみるしかないのでは・・・ということで、チャレンジしてみることにしました。

 

【大人の塗り絵イギリスの花と小径編】を使います。

f:id:tamarumo:20180208162632j:plain

 

 

ポストカードサイズの塗り絵です。

全作品に見本がついていて、見開きでお手本を見ながら塗れる仕様になっています。

f:id:tamarumo:20180208162743j:plain

 

 

見本がすべて水彩画なのでこちらをチョイスしました。

見本の水彩画らしさを表現しつつ、色鉛筆を使って同じように塗ります。

 

使うのは三菱色鉛筆No888の36色です。水彩色鉛筆ではありません。

f:id:tamarumo:20180208163853j:plain

 

 

 

雪上のアオガラたち

塗るのはこのページにしました。

f:id:tamarumo:20180208163258j:plain

 

 

少しずつ薄塗りで進めていきます。

サッサッというふうに、細かい線を描くような感覚でゆっくりと・・・

ストーングレー、ブラック、セピアの順に使用します。

f:id:tamarumo:20180208163519j:plain

 

 

続いてココア、影にはブルーセレスト、最後にライトフレッシュを全体に塗ってなじませます。

f:id:tamarumo:20180208163931j:plain

 

 

1羽塗り終えました。

f:id:tamarumo:20180208164116j:plain

そこそこ水彩画のように見える・・・かな(;^ω^)?

 

コツは色鉛筆の跡を残さないように、優しいタッチでサッサッと塗ることです。薄く塗ることで重ね塗りもできます。

最後になじませ色(今回はライトフレッシュ)で全体を塗ることで、色鉛筆の【アラ】を目立たせなくしています。これも有効だと思います。

 

 

 

まだ続きが出来上がっていないので、メイキングの紹介はまた次回にします。

うまく水彩画っぽく描けたらうれしいのですが・・・( *´艸`)

 

 

 

今回もお付き合いいただきありがとうございました。

また次回もよろしくお願いします。

 

 

↓使用した塗り絵↓

大人の塗り絵POSTCARD BOOK(イギリスの花の小径編) [ イーディス・ホールデン ]

価格:918円
(2018/2/8 16:51時点)
感想(0件)

 

 

↓使用した色鉛筆↓

三菱鉛筆 No.888 36色色鉛筆 大人の塗り絵 コロリアージュ

価格:2,916円
(2018/2/8 16:52時点)
感想(0件)

 

 

 

 

 

【描き込み式 色鉛筆ワークブック】ガラスアクセサリー

こんにちは。

 

 

色鉛筆ワークブックを使って、楽しく塗り方の練習をしています。

 

f:id:tamarumo:20180129140108j:plain

 

 

 

 

さて、本書で一番気になっていたページに挑戦しました。

ガラスアクセサリーのページです。

f:id:tamarumo:20180208150601j:plain

 

こういう、キラキラひかるアクセサリーって本当に素敵ですよね。

クレヨンしんちゃんのひまわりちゃんが「たぁぁ~☆☆」ってやるときのアレといっしょです(笑)

 

 

でもこのアクセサリー、見ている分にはキレイでいいのですが、いざ描くとなると「あわわ・・・」となってしまう難敵です。

 

ぜひ美しく描けるように練習して、塗り絵に生かしてみたいものです。

 

ガラスアクセサリー、プリズマカラーでトライ

お手本にならい、透明なガラスアクセサリーを描いてみます。

f:id:tamarumo:20180208151205j:plain

 

まずカラーチャートをお手本にあてて、似ているグレーを選びます。

色が決まったら塗ります。

f:id:tamarumo:20180208151530j:plain

 

 

 

 

出来上がったのがこちらです。

f:id:tamarumo:20180208151740j:plain

45点くらいの出来栄え(;^ω^)

 

色が暗すぎるところが目立ってしまいました。そしてもう少し直線を意識して塗るべきでした。

むずかしい~(+_+)

 

また後日、となりの2つを塗って練習する予定ですが、今回はこれにていったん終了します。

なぜだか失敗が怖いので(;^ω^)

 

 

 

ニガテな素材を発見して練習しよう

色々な素材を描いていくうちに、自分の苦手なものがわかってくるようになりました。

過去の塗り絵や、ワークブックを通してみると、わたしの場合、植物はまあまあの出来ですが、透明なものや光を乱反射するようなものが苦手です。

 

 

個人的にはグラスに入ったソーダは見ているだけで楽しいですし、また、キラキラしたジュエリーも眺めていてわくわくする物たちですが、描くとなると苦手意識の方が先に出てきてしまいます。

 

かわいらしい塗り絵の本をパラパラめくったとき、キラキラのアクセサリーやおしゃれな香水瓶のページを見たときに、「はやく塗ってみたい!」と思いつつも、「失敗したら嫌だから塗らないでとっておこう・・・」なんて言いつついつまでも真っ白な塗り絵本があります(;'∀')

 

好きだからこそ臆病になる・・・

ラブソングみたい(笑)

 

 

せっかくなら好きな物が一番得意な素材になってくれたらうれしいのですが、絵の表現の得手不得手は、必ずしも自身の物の好みと一致するわけではないみたいですからね。

 

その辺は努力で補っていきたいですね。

普段から観察するのを意識して、他の方の塗り絵の作品も見てみたりするのがいいのかもしれません。

 

なんにせよ、楽しみながらやってみたいですね。

 

 

 

描き込み式 色鉛筆ワークブック ぬりえ感覚で質感や立体感の表現が上達できる [ 河合 ひとみ ]

価格:1,728円
(2018/2/8 15:47時点)
感想(1件)

 

 

【色鉛筆ワークブック】 金属のスプーン

こんにちは。

 

 

先日から【描き込み式色鉛筆ワークブック】で練習を重ねています。

f:id:tamarumo:20180129140108j:plain

 

 

今回はシルバーのスプーンにチャレンジしたのですが、なかなかうまくできたのでうれしかったです。

f:id:tamarumo:20180206164309j:plain

 

中央のシルバーのスプーンがわたしの塗ったものです。

隣のページの解説を見ながら塗ったおかげで、影までしっかりと描けていると思います。

とくに気に入っているのが柄の部分のシャープな線です。

自画自賛すみません(;^ω^)

 

 

 

金属の質感ってとても難しいから、ついつい感で塗ってしまうことが多いんですよね。

あえて塗りづらいものを取り上げて解説してくれるこの本が大好きです。

 

銀のスプーン以外にも、木のスプーンもあります。

f:id:tamarumo:20180206170108j:plain

 

こちらも難関でした。

 

次はガラスアクセサリーに挑戦する予定です。

 

描き込み式 色鉛筆ワークブック ぬりえ感覚で質感や立体感の表現が上達できる [ 河合 ひとみ ]

価格:1,728円
(2018/2/6 17:04時点)
感想(1件)

 

 

色鉛筆ワークブック 白いりんどうに挑戦

こんにちは。

 

 

 

先日から【描き込み式色鉛筆ワークブック】で技法の練習をしています。

f:id:tamarumo:20180129140108j:plain

 

 

きのうは均等に線を引く練習をしました。

夜、寝る前にぬりぬりしたのですが、無心になって作業したせいか、いつもよりリラックスモードで眠れた気がします。さすがアートセラピー

でも色鉛筆の方は・・・まだヘタッピ(;^_^A

f:id:tamarumo:20180129144658j:plain

 

こちらはレース。複雑だけれど楽しかったです。

f:id:tamarumo:20180129145308j:plain

 

白いりんどうに挑戦

いよいよ本格的に絵を描いていくレッスンです。

初めは白いりんどう。よりによって白いものです。白を描くのは難しいですよね。

f:id:tamarumo:20180129145441j:plain

 

1色だけで描く練習です。む、むずかしい(´゚д゚`)

(実際は隣のページの解説を見ながら塗っているので、真似て塗ればちゃんとできます)

f:id:tamarumo:20180129145723j:plain

 

 

 

りんどうが完成しました。

はて?誰かが見たら白い花だと認識してくれるかしら?

ちょっと自信はないですが、比較的うまくできたと思います。見本と見比べるのがいちばんのコツですね。

f:id:tamarumo:20180129145903j:plain

 

 

 

↓使用した色鉛筆ワークブック↓

描き込み式 色鉛筆ワークブック ぬりえ感覚で質感や立体感の表現が上達できる [ 河合 ひとみ ]

価格:1,728円
(2018/1/29 14:36時点)
感想(1件)

 

 

 

 

 

色鉛筆ワークブックにチャレンジ

こんにちは。

 

 

この塗り絵ブログも、立ち上げから早8か月。

大人の塗り絵を紹介していく中で自身の技術が向上していけばうれしいなと思い、始めたブログです。

 

 

 

そろそろ本格的に技術アップを目指していきたいところ。

たくさんの人に真似してもらえるスキルを身に着けるのが目標です。

( ー`дー´)キリッ

 

 

 

そして購入したのが【描きこみ式 色鉛筆ワークブック】という本です。

f:id:tamarumo:20180129140108j:plain

 タイトルに【描きこみ式】とあるように、お手本を見ながら技法を真似て描いていくスタイルです。

 

これまで当ブログでは何冊か色鉛筆の参考書を取り上げたことはありましたが、描きこみ式は初めてです。

塗り絵形式でレッスンできるので、楽しみながら続けられるのがいいですね。

わたしにとっての、【色鉛筆ドリル】といったところでしょうか。

 

 

さっそくトライしてみたのですが・・・

けっこう苦戦しました(;^ω^)

わたしの色鉛筆のスキルなんてこの程度か、と言わんばかりの出来栄え。

下の写真は、濃さをかえながらなるべく均一にムラなく塗る練習をしているところです。

f:id:tamarumo:20180129140733j:plain

 はい、ムラだらけです( ;∀;)

いまさらですが、色鉛筆の難しさを痛感しました。

 

 

 

そして次は、ぼかしの練習です。

なかなかいい感じになりました。技法の得手不得手がはっきりわかって面白いですね。

f:id:tamarumo:20180129141158j:plain

 

 

 

そして複雑なイラストの練習。

やはり均一に塗るのは難しいですね。

f:id:tamarumo:20180129141506j:plain

 

 

 

紙が少し特徴的(?)

塗っていて思いましたが、紙がツルツル滑りやすいような気がしました。塗り絵本ではツルツルの紙はあまり見かけませんが、この本はツヤッとした紙を採用したようです。

 

 

これは勝手な想像ですが、ツルツルの紙に色鉛筆で描くと、良くも悪くも筆跡が目立ちます。こんな感じですね。

f:id:tamarumo:20180129142142j:plain

 

 

アラが目立ってあまりカッコよくない仕上がり。

こちらはレースの背景を均一に塗るようにしていますが、ムラばかりが目立っているのがわかります。

f:id:tamarumo:20180129142303j:plain

 

あえてこの紙質を選んだのかも・・・と思ったりしました。

勝手な想像ですが(;´・ω・)

 

 

アラが目立つ方がレッスンには向いていますからね、こうやって自分の弱点を見つけられるのもまた勉強になりました。

 

 

ちなみにわたしはプリズマカラーをつかって練習しています。

今後の塗り絵は、なるべくプリズマカラーの使用頻度を上げていく予定なので、少しでも慣れておこうと思いました。

 

本の中の説明ではポリクロモスとトンボ色辞典が使われているようですが、わたしは残念ながらどちらも持っていないので、プリズマカラーです。もちろん見本に近い色を選んで塗っているので、まったく問題ありません(^^♪

 

 

 

もう少し色鉛筆ワークブックで練習をしてから次の塗り絵を始めたいと思います。

 

描き込み式 色鉛筆ワークブック ぬりえ感覚で質感や立体感の表現が上達できる [ 河合 ひとみ ]

価格:1,728円
(2018/1/29 14:36時点)
感想(1件)