塗り絵のある暮らし

色鉛筆を中心に、大人の塗り絵を存分にたのしみます

ぬり絵の技術向上に向けて

こんにちは。

 

先日、帰省してきた弟にわたしのぬり絵とブログを見てもらいました。

 

弟はアート系の専門学校を出ており、知識はそこそこあるはずなので技術的なアドバイスをもらおうと思ったんです。

 

でも弟曰く、色鉛筆やパステルはほとんど使ったことがないそうで、少し戸惑った様子でした。

学校時代はパソコンのソフトでササっと描いてしまうのが主だったようです。

 

でも、そんな弟からひとこと。

「どんなジャンルにも一貫していえるのは、画力を上げたいなら模写することだよ」

 

※模写(もしゃ、英: reproduction, reproduce)とは、美術において、他者の作品を忠実に再現し、あるいはその作風を写し取ることでその作者の意図を体感・理解する為の手段、方法。またその行為によって生み出されたもの。 

ウィキペディアより一部抜粋)

 

 

そういうことなら話は簡単です。

上手な見本のついているぬり絵本を使えばいいのです。

 

 

わたしが持っているぬり絵本の中で、見本がついているものといえば、【大人のぬり絵 四季を彩る花の名作集】。

f:id:tamarumo:20170831093751j:plain

挑戦するのは表紙にも描かれているピンクのケンティフォリア。バラの一種のようです。

f:id:tamarumo:20170831094141j:plain

 葉が多くて大変そうですね(;^ω^)

花びらもボリューミー。

 

 

それでは、詳しいメイキングは次回からにします。

ぜひよろしくお願いします。

f:id:tamarumo:20170831100814j:plain