塗り絵のある暮らし

色鉛筆を中心に、大人の塗り絵を存分にたのしみます

カラーレスブレンダーペンシルに頼らない方法

こんにちは。

 

 

おかげさまで、この塗り絵ブログもたくさんの方に見ていただけるようになりました。

 

中でもよく見ていただいているのが、プリズマカラーの【カラーレスブレンダーペンシル】紹介の回です。

 

 

tamarumonurie.hatenablog.com

 

カラーレスブレンダーペンシルといえば、混色やぼかしなど、様々な場面で活躍してくれる優れものです。

 

あえて弱点を挙げるなら、お値段ではないでしょうか。

ショップによってまちまちですが2本入りで1,000円以上します。

 

さらに、マニアックなアイテムのため入手しづらいという難点があります。

わたしもネットショップで購入しました。

 

 

そこで、カラーレスブレンダーペンシルが無くても、それっぽく見せるテクニックを紹介します。

 

ブレンダーペンシルの代わりにミルキーカラーを

ミルキーカラーって、どんな色だと思いますか。

f:id:tamarumo:20170913150750j:plain

写真は一例ですが、雰囲気はこんな感じです。

 

20年ほど前、若い女の子たちの間でブームになったミルキーペンというのがあるのですが、そのイメージです。

 

パステルカラーに、さらに白を混ぜたようなふんわりやさしい色のことです。

この色をつかってブレンダーペンシルっぽくします。

 

単色で試す

実際やってみましょう。

青いマルをふたつ描きます。

f:id:tamarumo:20170913151358j:plain

 

右側のマルにだけミルキーカラーを乗せます。

同系色のミルキーカラー使うのがベスト。

f:id:tamarumo:20170913151505j:plain

こんなふうに色がやわらかくなり、筆跡も目立たなくなります。

 

グラデーション

黄色とピンクを使ってやってみましょう。

f:id:tamarumo:20170913152156j:plain

 

2色の中間のミルキーカラーを選びました。

f:id:tamarumo:20170913152235j:plain

 

2つの色を混ぜるように重ねます。

f:id:tamarumo:20170913152331j:plain

 

念のため最後にミルキーな黄色もなじませます。

f:id:tamarumo:20170913152546j:plain

 

 最初と比べてみましょう。

f:id:tamarumo:20170913153114j:plain

 きれいにグラデーションになります。

 

 

次回の塗り絵は、この技法を使ってメイキングしていきます。

ぜひ、みなさんも試してみてください。

 

 

 

次回はこの塗り絵を紹介したいと思います。

f:id:tamarumo:20170913153453j:plain

 パズドラです。

ぜひよろしくお願いします。