塗り絵のある暮らし

色鉛筆を中心に、大人の塗り絵を存分にたのしみます

【果実と小鳥ぬり絵】アオカケスを塗るpart1

f:id:tamarumo:20180517111510j:plain

 

こんにちは。

 

 

前から少し気になっていたのですが、色鉛筆のブルー系の色って、紙とのなじみがあまり良くないように思います。

なぜ??(・・?

単にわたしの技量の問題かもしれませんが、それならぜひとも改善したい!

 

 

そんなわけで今回はあえてブルー系の塗り絵に挑戦することにしました。

塗り絵本は【ルドゥーテ&オーデュボンの果実と小鳥ぬり絵】です。

f:id:tamarumo:20180517104243j:plain

 

 

 

この塗り絵から、アオカケスのページを塗ります。

f:id:tamarumo:20180517104355j:plain

 

 

使用する色鉛筆は三菱色鉛筆No888です。

f:id:tamarumo:20180517112600j:plain

 

ブルー系の扱いが上手になれるように願いをこめて、レッツトライ!

 

 

その前に・・・・

この【果実と小鳥ぬり絵】、巻頭に塗り絵のワンポイントもついていますし、全部の見本も載っているので素晴らしい本なのですが、肝心な塗り絵のページに切り取り線がついていないのがちょっぴり残念。

 

塗り始める前に、カッターでページを切ることにしました。

幸い、裏面は真っ白です。

f:id:tamarumo:20180517104947j:plain

 

 

 

 

 

巻頭の見本と並べて、いざスタート!

f:id:tamarumo:20180517105010j:plain

 

 

 

 

 

背景をパステルで

鳥はブルーなので、背景も同系色のブルーのパステルを選びました。そして新緑のイメージのグリーンもプラス。

使用しているパステルはヌーベルカレーパステルです。

パステルブラシでやさしく伸ばしていきます。

f:id:tamarumo:20180517105205j:plain

 

 

 

 

背景終了。少し水彩のにじみのような感じが出せました。さわやかな透明感です。

f:id:tamarumo:20180517105419j:plain

 

 

 

 

 

木をメイキング

木はグレーがメインになります。

まず、皮のむけている部分はベースカラーにオーカー(黄土色)をぬり、そのほかのベースはストーングレー。

オーカーの上にスカイブルーを重ねて落ち着いた色にします。

f:id:tamarumo:20180517105510j:plain

 

 

 

 

皮の白っぽい部分にはシルバー。

影の部分にはセピアとブラックを重ね塗りします。円柱を描くイメージですね。

f:id:tamarumo:20180517110947j:plain

 

 

 

 

 

影を濃くしていきます。

ストーングレー、ブラックを重ね、シルバーでなじませます。

f:id:tamarumo:20180517111348j:plain

 

 

 

 

 

今日はここまで

f:id:tamarumo:20180517111510j:plain

木が完成しました。もう少しハイライトを意識していれば、さらに立体感が出せたかもしれませんね。

画面全体のバランスをとらえられる視野を持てるよう、精進したいところです。

 

 

それではメイキングは次回に続きます。

 

 

ところで絵を選ぶときは気が付かなかったのですが、このアオカケスたち、卵を割って食べているんですね・・・よその巣の卵でしょうか。

生きる知恵、厳しい野生の世界。

う~ん、自然界のルールはすごい!

 

 

 

 

↓使用した塗り絵↓

ルドゥーテ&オーデュボンの果実と小鳥ぬり絵 心がやすらぐ…好きな色で楽しむ美しい果実と小鳥の図 [ 大久保友博 ]

価格:1,404円
(2018/5/17 11:32時点)
感想(0件)

 

 

↓使用した色鉛筆↓

三菱鉛筆 色鉛筆No.888 36色セット K88836C

価格:2,580円
(2018/5/17 11:33時点)
感想(0件)

 

 

↓使用したパステル↓

ヌーベルカレーパステル 24色Aセット NCT-24A コンテ 画材

価格:1,965円
(2018/5/17 11:35時点)
感想(0件)

 

 

↓使用したパステルブラシ↓

パステルブラシ(ストレート型)NPR-M 馬毛 11×11.3mm

価格:691円
(2018/5/17 11:39時点)
感想(0件)