塗り絵のある暮らし

色鉛筆を中心に、大人の塗り絵を存分にたのしみます

ゆかたリメイクで色鉛筆のロールケース

こんにちは。

 

 

かねてより色鉛筆のロールケースがほしいなと思っていたのですが、このたび手作りで自分好みのものを完成させました。

f:id:tamarumo:20180508091546j:plain

 

生地はゆかたを解いてリメイク。もともとが反物で、伸縮も少ないので取り扱いがラクでいいですよ。

 

ちなみに中に収納している色鉛筆はプリズマカラー。

全部で150色あるので、75本入るケースをふたつ作りました。

 

ふたつ並べるとこのとおり。

ずら~♪

f:id:tamarumo:20180508092053j:plain

 

うーん、いいながめ( *´艸`)カラフルでとってもキレイ。

それに、時間をかけて手縫いで作ったので、達成感も相まってとても満足です。

 

1本ずつのスペースをとったおかげで収納もらくちんですよ。

鉛筆同士がぶつかり合う心配も軽減できそうです。

f:id:tamarumo:20180508092425j:plain

 

 

丸めて収納するときは、布をパタンと折りたたんで・・・

f:id:tamarumo:20180508092946j:plain

 

 

端からくるくる巻いていきます。

f:id:tamarumo:20180508093008j:plain

 

 

 

紐をぐるぐる巻いておしまい。とってもコンパクトになります。

(ちょっとポッチャリ 笑)

f:id:tamarumo:20180508093042j:plain

 

 

 

中身が完全にくるまれているので、ひっくり返してもスポッと抜け落ちる心配がありません。

f:id:tamarumo:20180508093143j:plain

 

 

 

 

 

完成までにかなりの時間がかかってしまいました(;^ω^)だいすきな塗り絵そっちのけで作業していたので、完成を急ぐあまり、作りが雑なところもしばしば・・・でも今後の塗り絵でこのケースを使うと思うとなんだかワクワクします。

 

いままでプリズマカラーを使うとなると、作業机がトレーに占められて塗り絵どころではなかったので。

↓こんなかんじでした↓

f:id:tamarumo:20180508094220j:plain

これからはクルクルッとスタイリッシュに塗り絵ができるはず。

 

 

 

150色を持て余している人に、ぜひ作って試していただきたいリメイク術です。

あいにく型紙はありませんが、わたしの寸法は・・・

 

■【75色ロールケース】

・長さ  100㎝

・幅   27㎝

 

ざっくりですね(;^ω^)

これに紐をつけたり、ワンポイントでボタンをつけたりしました。

わたしはミシンをもっていないので手縫いで作りましたが、ミシンの方が丈夫で速く仕上がると思います。

 

 

ぜひ、お試しください(*'ω'*)

根気があればきっとできます。