塗り絵のある暮らし

色鉛筆を中心に、大人の塗り絵を存分にたのしみます

ぬり絵の参考に【超リアル色鉛筆入門】

こんにちは。

 

わたしが普段参考にしている書籍のお話です。

 

【林亮太の超リアル色鉛筆入門】という本です。

f:id:tamarumo:20170828093931j:plain

 

タイトルの通り、とてもリアルな描写についての説明が丁寧に紹介されています。

表紙の絵も、写真なのか絵なのかわからないほどリアルですよね。

 

f:id:tamarumo:20170828094318j:plain

この質感です。バナナも柿もグラスも、すべて色鉛筆で描かれたものです。

驚いてしまいますよね。

 

本の中で使用している色鉛筆はサンフォード社のカリスマカラー。

わたしもサンフォード社製のプリズマカラー150色を使用するのでとても参考になります。

 

とはいえ、技法の紹介に使用しているのはたったの12色。

12色で表紙のリアルな絵を描いてしまうのだからこれまた驚きです。

とても同じようには・・・と言いつつも、熱心に熟読しています(;^ω^)

 

いつかこんな風に描ける日がくるといいな。

 

↓裏表紙↓

f:id:tamarumo:20170828095547j:plain

本の中には技法の説明と、ギャラリーがたくさん載せられています。

わたしはこの、まるで写真のようなギャラリー達を眺めるのがとても好きで、毎日ページを開いては「はぁ~」と感嘆のため息をついています。

 

 

厳密にいうと塗り絵のための本ではないのですが、写実的に描くためのコツは通じる部分があると思います。

いままで読んできた色鉛筆の参考書籍の中では、これがいちばんのお気に入りです。

 

林亮太の超リアル色鉛筆入門 [ 林 亮太 ]

価格:1,836円
(2017/8/28 10:21時点)
感想(1件)